代表挨拶・運営方針
代表挨拶
代表取締役 大久保 光子 有料老人ホームが社会的に重要な責任を有する事業であることを自覚し、まず何よりも経営主体の維持存続と社会貢献に努め、高齢者のニーズに沿った多様なサービスを形成し、地域・社会に開かれたホームとして積極的に関わり、信頼関係を構築し地域・社会に貢献してまいります。

~豊かな人生への懸け橋 そこにはやすらぎと笑顔があります~
ラポールのキャッチコピーです。
「ラポール」とはフランス語で「信頼関係」を意味します。
また、「橋を懸ける」という意味があります。
自分と相手のあいだに橋を懸けること、つまり、自分と相手に開かれたコミュニケーションが成り立って、心が通い合っている状態を「ラポール」といいます。
私は、この自分と相手とのあいだに「橋を懸ける」という意味言葉が大好きです。
そこには、信頼関係が成り立って、私と皆さん、皆さんとご入居者の方々との信頼関係が築けることを願って会社名を「ラポール」と名づけました。
運営方針
法人ビジョン
■地域でいちばん信頼されるホーム
■三者全ての満足(職員・顧客・法人)
基本理念
With My Heart ~寄り添う心~で、ご入居者の懸け橋となり幸せを提供します。
ページの先頭へ